牛乳嫌いな子供におすすめ!牛乳を150%美味しく飲む方法お教えします!

2018年10月3日

コストコで買う商品のおすすめポイントは量が多くて割安になるという点です。

その特徴を活かすなら毎日使う物はコストコに頼るという作戦が節約にもつながります。

久しぶりにこれはいいぞ!という商品をみつけたのでレビューしますね!

牛乳嫌いとは言わせない!牛乳を150%美味しく飲める魔法のストロー「ミラクルシッパー」

ミラクルシッパーチョコ

ミラクルシッパーチョコ

容量:3.5g×60本入り

価格:1,548円

子供に牛乳を飲ませたいのに嫌がってなかなか飲んでくれなくて困っているというママさんも多いのでは無いでしょうか。

そんな子供におすすめなのがこのミラクルシッパーチョコなんです。

この商品はストローの中にチョコレートの粒が入っている魔法のストロー。

ミラクルシッパーチョコ本体

吸うだけでただの牛乳が飲むときにはチョコレートドリンクになっているんです!

ミラクルシッパーチョコを吸う

美味しいし、面白いしで子供たちがどんどん牛乳を飲んでくれます。

うちにも牛乳が嫌いな子供が遊びに来たときに試しに飲ませてみたら美味しい!と言ってコップ1杯をぐんぐん飲んでくれました。

やっぱり子供ってチョコレートの味や面白い形の物に弱いですからね〜。このストローは味と見た目の面白さを両方カバーしてくれているので受け無いわけが無いという商品です。

子供が1日に必要な牛乳の量とは?

牛乳にはカルシウムが豊富なのは周知の事実。

ただ、足り無いのも、飲みすぎなのもよく無いと言われているのはご存知でしょうか。

では、1日に必要な牛乳の量とはどれくらいなのでしょう。

厚生労働省の調べによると以下のようにされています。

カルシウムの食事摂取基準(mg/日)

性別男性女性
年齢目安量目標量上限量2目安量目標量上限量2
0~5(月) 母乳栄養児
人工乳栄養児
200
300


200
300


6~11(月)母乳栄養児
人工乳栄養児
250
400


250
400


1~2(歳)4504503400400
3~5(歳)6005505505503
6~7(歳)600600650600
8~9(歳)7004700800700
10~11(歳)950800950800
12~14(歳)1,000900850750
15~17(歳)1,100850850650
18~29(歳)9006502,30070060042,300
30~49(歳)65060042,300600460042,300
50~69(歳)7006002,3007006002,300
70以上(歳)7506002,3006505502,300
妊婦(付加量)1+0
授乳婦(付加量)1+0

出典:日本人の食事摂取基準|厚生労働省

これに対し、牛乳コップ1杯200mlで摂取できるカルシウムの量は220mgになります。

他の食物からもカルシウムは摂取することはもちろんできますが、牛乳を1日2杯飲むだけで1日に必要なカルシウムの量の1/3の量を摂取することが可能なんです。

成長期の子供には骨、歯の形成に欠かせ無いカルシウム。

必要量を補うために牛乳を飲むということは一番手っ取り早くカルシウムを摂取する手段として有効と言えますね。

牛乳には良質なタンパク質が豊富に含まれる

牛乳に豊富なのはカルシウムだけではありません。

良質なタンパク質も多く含まれているということはご存知でしょうか。

牛乳のたんぱく質には、9種類の「必須アミノ酸」(体内では作ることができないので、食事から摂る必要のあるアミノ酸)を含む20種類のアミノ酸がバランスよく含まれています。これが、他の食品に比べて牛乳のたんぱく質が良質だといわれる理由です。牛乳のたんぱく質の主成分はガゼインです。最近ではガゼインが消化される過程できる物質に、カルシウムの吸収を高めたり、神経の興奮をしずめる作用があることがわかっています。

明治の食育より

http://www.meiji.co.jp/meiji-shokuiku/know/dairiesworld/milk/03.html

牛乳を飲むことでイライラを抑制したり、よく眠れたりするという効果も高まるので温めた牛乳を寝付け無い子供に与えるとよく寝てくれるという経験をお持ちのお母さんも多いかと思います。

それだけ牛乳は子供にとって欠かせ無いものと言えるのかもしれません。

カルシムは貯金できる!

実はカルシウムは体内に貯金することができるんです。

実は体内のどこに貯金しているかというと、骨に99%貯金、残りの1%が血液中にあると言われています。

血中のカルシウムの量が減ってくると骨からカルシウム貯金を引き出して使うというシステムになっているのです。

なので、カルシウムをどんどん骨に貯金しなくてはいけません。

20歳をピークにその貯金の利率は徐々に下がってくるので、若いうちのどんどん貯金していく必要があるのです。

歳をとってから骨阻喪症にならないためにも、成長のためにも幼少からのカルシウム摂取はマストというわけなんですね。

牛乳が嫌いになる時期がある

うちの6歳になる長男の話なのですが、1歳代から牛乳が大好きでした。

1歳から体内に貯めたカルシウムの影響からか、実は身長が高いです。

幼稚園でも後ろから2番目でいつも周りのお母さんから「大きいね〜ご飯も食べるんでしょう〜?」と聞かれるのですが、実はご飯はあんまり食べ無いんです・・・。

とにかく牛乳。牛に育ててもらったと言っても過言では無いほど牛乳と米を食べて大きくなりました。

そんな息子ですが、水やお茶の代わりに牛乳を飲みたがるほど牛乳が好きで2日で1本なくなるような生活を送っていたのですが、4歳頃からあまり牛乳を飲みたがらなくなったんです。

理由は「飽きた」とのこと。

牛乳を飲みすぎて味に飽きてしまったようなんです。

この発言にはびっくり。

でも、周りのお母さんたちに聞いてみると離乳期に多量に牛乳を飲んでいた子も4〜5歳には牛乳の飲む量が徐々に落ち着いてくるという話をよく耳にします。

そんな時にはやっぱり味を変えて1日に2杯程度の牛乳を飲ませたいというのが親心ではないでしょうか。

うちはコストコでミラクルシッパーチョコを買ってからというもの1日2杯の牛乳生活が復活しました。

というのも、このミラクルシッパーチョコですが、中のストローに入っているチョコレートが牛乳コップ1杯ではなくならない!

2杯飲んでやっと中のチョコレートが空になるんです。

なので、朝ごはんの時などに牛乳を飲んでいるというわけです。

ココアを作るのもいいのですが、たまには子供が喜んでくれる面白グッズで子供のやる気を引き出してみるのも面白いですよ。

なんせ、コストコでミラクルシッパーチョコを買うと60本も入っています。

ミラクルシッパーチョコの中身

1日1本として、約2ヶ月分でしょうか。(子供が2人なら1ヶ月分)1本あたり25.8円なのであまりお安い商品とは言えないかもしれませんが、子供の健康や成長を考えると試して損はない商品と言えるのではないでしょうか。

ミラクルストロー シッパー チョコレート味 60本

ミラクルストロー シッパー チョコレート味 60本

ちなみにAmazonでも買えます。

価格は2,080円とコストコよりはちょっとお高めでした。

もっと効率よくカルシウムを摂取したい方におすすめ!

とにかく牛乳はコップ1杯がやっとだよ・・・と悩んでいる親御さんにおすすめなのがロート製薬のセノビックという商品ですね。

ココア味の粉末を小さじ山盛り4杯を牛乳に混ぜて飲むだけでカルシウムが260mgも摂取できてしまうんです。

なので、牛乳の持つカルシウム220mgと足すと480mg

これってかなりの量ですよね。

牛乳が苦手で困っているという子にはセノビックという商品を試してみるというのも手かもしれませんね。

詳しく見る>>ロート製薬のセノビック